金貨の買取は古銭ショップで

金で作られた小判は古銭として存在する

昔のお金には金や銀など価値のある素材がよく使われていました。なぜかというと、政府への信頼度が今よりもなかったからです。現在、日本でもっとも高額なお金は一万円札で、これは紙でできています。しかし、紙だから一万円札なんて信用できないという人はまずいません。 ところが、昔はもっとも高いお金に使われるのは金が当たり前でした。江戸時代には、幕府の財政難で金の含有率を落とした小判を発行することはありましたが、金以外のもので小判を作ったり、小判の代わりに紙に置き換えるといったことはなかったのです。そんなことをしたら幕府への不信感があふれ、大騒ぎになることが目に見えていたからですね。 というわけで、たくさん作られた金の小判は今もなお、古銭として存在するのです。

小判の価値を高く見積もってくれるのは古銭ショップ

では、もし家に伝わっている小判があって、持っていても仕方がないので売りたいという場合はどうすればいいのでしょうか。この場合、注意しなければならないのは、小判の価値をどちらに取るかです。金が含まれているから金の価値の方が高いと考えるか、それとも、お金だから古銭としての価値が高いと考えるか、二種類の価値が存在しています。正解はどちらなのでしょうか。 実は古銭としての価値が高いと判断して古銭ショップに持ち込むことのが正しいのです。小判における金の含有量は10グラムちょっとです。金の値段を1グラム5000円とすると、金として見た価格はせいぜい5、6万円ということになります。しかし、古銭ショップでの売価は数10万円から100万円を超えます。なので、古銭ショップの方が価値を高く見てくれるというわけなんですね。