橿原神宮お守りのやたがらすは期間限定?値段やおみくじについても!

こんにちは!ならいく管理人の奈良人です。

橿原神宮には、やたがらす(八咫烏)をモチーフにしたお守りがありますが、現在販売されていない物もあります。

またお守り販売やおみくじの時間は時期によって違います。

この記事ではそれらの詳細をお伝えします。それでは橿原神宮のお守りとおみくじについてみていきましょう。

やたがらす健康守りは現在売ってません

やたがらすとは日本の初代天皇の神武天皇を熊野国から大和国(現在の和歌山から奈良)へ導いたとされる三本足のカラスです。

橿原神宮のお守りには、その「やたがらす(八咫烏)」をモチーフにしたものが3種類ありました。

  • 蹴球守(1000円)
  • やたがらす健康守り(500円)
  • 勝ち守(1000円)

ですが2019年7月現在は、勝ち守のみが残っています。そして交通安全お守りの、八咫烏ステッカーが新しく追加されています。

やたがらす健康守りについて、ネットで口コミやツイッターを調べたところ、2018円年の秋ごろまでは販売されていたのが確認できました。

僕が見つけたやたがらすのお守りの画像を貼り付けますね。

▲ツイッターでみつけた「やたがらす健康守り」

ツイッターでお守りの写真をUPしている方の画像をご覧下さい。こんなに可愛いお守りです。

▲ツイッターでみつけた「蹴球守」

蹴球守も現在は販売されていません。サッカーをしている方に好まれるお守りです。

奈良人

橿原神宮に問い合わせましたが、現在は売ってなくて入荷も未定との事です。

MEMO
蹴球守は橿原神宮で売ってませんが、良く似た物はネットで売ってました。
 
山口県の融通の神「白崎八幡宮」が通販をしています。最近は神社さんもネット販売の時代なんですね。
 
>>白崎八幡宮

今売ってる、やたがらす関係のお守り

▲八咫烏ステッカー

▲勝ち守

現在売っているのは、八咫烏ステッカーと勝ち守です。

補足ですが、お守りが売っている所は、橿原神宮の御朱印もいただけます。

お守りとおみくじが買える場所と時間!返納場所はここ

買う場所

▲授与所

▲神楽殿

橿原神宮でお守りが撃っている所とおみくじは出来る所は同じ場所です。またそんな場所が2ヶ所あります。授与所と神楽殿です。

▲授与所と神楽殿の配置図

南神門を入ってすぐ左にあるのが授与所と神楽殿です。配置図では授与所の名前が書いてませんが、神楽殿よりも手前にあります。

雨の日は傘が必要なので忘れずにお持ち下さい。

買える時間

8:30~閉門の30分前となります。閉門の時間は時期によって違うので、橿原神宮公式サイトでご確認下さい。

>>橿原神宮(参拝時間)

返納場所

▲返納場所

▲返納場所の配置図

橿原神宮にはお守りの返納場所が1ヶ所あります。南神門をくぐり休憩所を超えた右手付近です。

やたがらす以外のお守りの種類と値段

画像は、クリック・タップで拡大できます。

※許可を得て撮影しています。

今回、やたがらすのお守りは八咫烏ステッカーしかありませんでしたが、他にもお守りは沢山あります。

僕が行った2019年7月の、全てのラインナップをお伝えします。

※画像はクリック・タップで拡大できます。
※先に出てきたお守りについては名前を省略しています。

  • 干支守(500円)
  • 開運十二支御守(500円)

  • 干支延寿箸(1000円)

  • 御神酒(1000円)
  • 鎮子(1000円)

  • 安産御守(1000円)
  • 健康御守(1000円)
  • 心願成就御守(1000円)
  • 学業向上御守(1000円)
  • 開運延寿守(1000円)
  • 厄除御守(1000円)
  • 交通安全御守(1000円)
  • 清め塩(500円)
  • 由緒略記(300円)
  • 長山稲荷社祈願絵馬(500円)

  • 清め砂(500円)
  • 延寿箸(300円)
  • 延寿杓子(200円)
  • 祈願絵馬(500円)
  • 金鵄幸運御守(500円)

  • 開運縁結び守(500円)
  • 合格祈願御守(1000円)
  • 仕事守(1000円)
  • 開運幸せの寿々(500円)
  • 開運幸せの和(500円)
  • 勝ち守(1000円)

  • 安産護符(500円)
  • 家内安全護符(500円)
  • 神宮大麻(800円)
  • 祈祷木札(1000円)
  • 御肌守(500円)
  • 延寿健脚守(500円)
  • 交通安全ミニ守(500円)

  • 御神符(1000円)
  • 特別御神符(2000円)
  • 旅行安全守(1000円)
  • 車輌守(1000円)
  • 五色守(1000円)

おみくじの種類と値段

お守りと比べておみくじの種類は2種類と少ないですが、定番の棒のおみくじ以外に、鮎みくじというのがありました。

鳥のおみくじもあったと聞いたのですが、今回はありませんでした。時期によるのかもしれません。

  • 棒のおみくじ(200円)
  • 鮎みくじ(500円)

奈良人

ところでおみくじで大吉がでる確率って気になりますよね。やっぱり割合とか決まってるんでしょうか。

まとめ

やたがらす健康守りは可愛らしいのですが、現在販売されていないのが残念です。

ですが、やたがらす関係では「勝ち守」と「八咫烏ステッカー」が販売されていますし、その他のお守りも種類が豊富で見ているだけでも楽しいです。

実際にお守りを目の前にすると、どれがいいか迷ってしまいますので、先にどれが良いか決めてから行くとスムーズに参拝できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です