ぷらっとこだまのドリンク引き換え場所や期限、飲み物の種類を解説

こんにちは!ならいく管理人の奈良人です。

ぷらっとこだまに付いてくるドリンク引き換え券(正式名:ぷらっとフリークーポン)の使える場所や期間て分かりにくいですよね?

この記事では引き換え場所や期限、期限を過ぎた場合の引き換え方法をお伝えします。

ドリンク引き換え場所はどこ?

僕が引き換えできた場所

ドリンクを引き換えできる場所というのは決まっていて、どこでも良いわけではありません。

ドリンク引き換え券には、「東京~新大阪間の東海道新幹線の各店のステッカーがある場所」となっています。

これでは分かりにくいですね。僕が実際に使えたのは以下になります。

  • キオスク
  • グランドキオスク
  • JR東海パッセンジャーズ

主要駅でいうと東京・品川・新横浜・静岡・浜松・名古屋・京都・新大阪。

その他の駅でいうと小田原駅・熱海駅・三島駅・新富士駅・掛川駅・豊橋駅・三河安城駅・岐阜羽島駅・米原駅。

これらの駅のキオスクやグランドキオスク、JR東海パッセンジャーズでは使えるという事になりますね。

キオスク

▲キヨスク

●グランドキヨスク

キヨスクは分かりやすいですね。駅構内にある売店です。通常のキヨスクでも、グランドキヨスクでもOKです。

JR東海パッセンジャーズ

▲JR東海パッセンジャーズ

JR東海の子会社の弁当屋です。

「東京」「品川」「新横浜」「名古屋」「京都」「新大阪」といった主要駅にあります。

引き換えできる場所はステッカーがあるとは限らない

今回確認できたのは品川駅のJR東海パッセンジャーズですが、ステッカーが貼っていませんでした。

それでもドリンク引き換えは出来たので、ステッカーを探すより、お店の人に聞く方が早いかもしれません(笑)

あと問題点は、このステッカーが意外と小さくて分かりにくいんですよね。20cm×30cmくらいなんです。

「えっ、そこそこ大きいやん」と思われるかもしれませんが、どこに貼ってあるか分からないものを探すのにこのサイズは目立ちません。

品川駅のステッカーでみるとこんな感じです。分かりにくいでしょ?

やっぱりステッカーを探すより、お店の人に聞く方が早いです。聞くのが恥ずかしいって方は、キオスクかJR東海パッセンジャーズを探しましょう。

引き換え方法

上記のチケットを清算時に渡すだけです。

ここでは引き換え出来ません(確認済み)

スタバ

▲ツイッターのぷらっとこだまでスタバと引き換えた人

スタバの店舗ではドリンクと引き換えが出来ませんが、キヨスクなどにスタバ商品がある場合には引き換えできます。

新幹線内

こだまは車内販売がありませんので、電車内でドリンクに引き換えることは絶対に出来ないので注意して下さい。

有効期限は当日?

引き換え券の有効期限は、記載されている出発日より1ヶ月です。

出発日以外の引き換え方法

ぷらっとこだまの乗車券は、決められた発着駅でしか乗り降りが出来ません。ですが引き換えは各駅で出来ます。ドリンク引き換え券の有効期限もは1ヶ月です。

これはどういう事かというと、ぷらっとこだま以外の新幹線利用時に各駅で引き換え券を利用できるし、新幹線を利用しなくても駅員の判断で構内に入る事が出来ればドリンクと引き換えできるという事です。

  • 別の新幹線利用時
  • 駅構内に入れてもらう

新幹線利用の当日であれば、出発駅か到着駅で引き換えが出来ますが、別の日に引き換えする場合は、駅構内に入る必要があります。

その場合は、駅員にその旨を伝えて入れてもらうのですが、駅に確認すると駅員の判断によるとのことでした。

いまいち曖昧ですね。用事で行ったついでならいいですが、もしわざわざ行って入れてもらえないとかって最悪です。

事前に駅に確認が必要です。

引き換えできるドリンクの種類

引き換えできるドリンクには制限があります。以下の条件に当てはまる物が交換可能です。

  • 660ml以下のソフトドリンク
  • 350ml以下の缶ビール
  • 500ml以下の酎ハイ・発泡酒
  • 170円を足すと187mlのワイン(一部店舗除く)

※2019年10月1日から170円→180円に値上げされます。

以上の条件とは別に、交換できないものも設定されています。以下になります。

  • 日本酒
  • 医薬部外品
  • 店指定の商品

限定商品や特定商品は引き換え出来ない場合があります。京都駅のグラントキオスクの「京都麦酒(324円)」や名古屋駅の「新幹線の形の水」などは引き換えが出来ません。

奈良人

日本酒・医薬部外品・指定商品以外の、300円までの商品と引き換えできると思っていただければ分かりやすいかと思います。

分かりにくいドリンクの引き換えの可否について

引き換え出来るか、出来ないか?商品の性質上、微妙なものってありますよね。それらの商品について引き換えの可否をお伝えします。

ハイボール

酎ハイに分類されるので、引き換え可能です。

特茶

ソフトドリンクに分類されるので、引き換え可能です。

レッドブル

ソフトドリンクに分類されるので、引き換え可能です。

ウイダーインゼリー

ソフトドリンクに分類されるので、引き換え可能です。

コーヒー

スタバの項目でもお伝えしましたがが、スタバの店舗では引き換え出来ませんが、キヨスクなどにおいてあるコーヒーやスタバ商品は引き換え出来ます。

注意
エナジードリンクなどは商品によって引き換え出来るものと、出来ないものがあります。
 
裏面をみて清涼飲料水なら引き換え可能。医薬部外品なら引き換え不可能です。
 
また店舗によっては、エナジードリンクに関して認識が違う可能性があります。清涼飲料水ならOK、医薬部外品ならNGですので、その点をご確認下さい。

まとめ

ぷらっとこだまのドリンク引き換え券は、東京~新大阪(在来線以外)の各駅のキヨスクなどです。ステッカーが目印ですが、張っていない場合でも引き換え可能でした。

お店に聞くのが一番早いですが、面倒だったり恥ずかしい場合は、キオスク・グランドキオスク・JR東海パッセンジャーズと覚えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です