元興寺の萩は背丈ほどの大きさ!開花情報や見頃、見れる場所など

奈良県奈良市の「ならまち」にある、元興寺。世界遺産にも登録され、奈良時代には南都七大寺の1つに数えられた寺院です。

奈良市の萩の名所の1つになっていて、見ごたえがあります。万葉集で1番多く登場する花も萩です。

この記事では、元興寺の萩の開花情報や見頃、見れる場所、そして共演する花などをご紹介します。

元興寺の萩の開花情報

開花時期

元興寺の萩
9月上旬~10月上上旬

開花時期が9月中旬としているサイトもある。

咲き始めの表現が違うのは、気候が涼しくなると咲き始める、秋の訪れを告げる花なので、年によって違いがある為だと思います。

また9月上旬では、咲いていたとしても、まだ満開というほど咲いていなくて、見頃ではない可能性が高いです。

見頃

9月中旬~9月下旬ごろ

見れる場所

主に見られるのは、本堂(極楽堂)周辺と、本堂奥にある禅堂の周りです。

極楽堂(極楽坊本堂・曼荼羅堂)周辺
極楽堂(極楽坊本堂・曼荼羅堂)の奥にある禅堂の周辺
宝物殿の側
門の脇

背丈を越えるほどの大きな萩があり、萩で有名なお寺です。なので土日は観光客が多いようです。、

元興寺の萩の種類と紅葉

元興寺の萩は、白萩・しだれ萩があります。

萩の花も紅葉をします。通常は濃い緑色の葉ですが、紅葉の時期には黄色味が強くなり、黄緑もしくは黄色に色付きます。

元興寺の花年表と共演


▲動画「奈良テレビ(元興寺でハギの花が見ごろ)2018年」

2018年の奈良テレビでも、元興寺の萩について放送していました。

元興寺は花の寺と呼ばれていて、四季を通して花が見れます。主な花は以下になりますが、これ以外にも沢山の花が境内のあちこちにあります。

椿 3月下旬 約50本
桜 4月 約50本
桔梗 6月中旬~8月 約1000株
萩 9月上旬~10月上旬 不明

桔梗(ききょう)・彼岸花・芙蓉(ふよう)・すすき・木槿(むくげ)・コスモス、などとの共演も見られる可能性があります。

元興寺の萩!見頃の目安

萩の種類

赤い萩・白い萩・しだれ萩をご覧下さい。

赤い萩

赤い萩

白い萩

白色のしだれ萩としだれていない萩です。

しだれ萩(赤色)

赤と白の咲き始めの違い

2016年9月下旬をみると、赤い萩は見頃を過ぎたようですが、白い萩はこれから咲き始めるような感じです。

ただ、その年によって咲き始めや見頃は変わってきます。

白萩が咲き始め(2016年9月26日)

白はまだまだ!赤は終わり(2016年9月26日)

白の萩が見頃(2014年9月19日)

萩の場所

極楽堂の周り(晴天の空と一緒に)

極楽堂の周り(しだれ萩の白と赤)

門の側

他の花との共演

彼岸花・桔梗・すすき・木槿との共演をご覧下さい。

彼岸花

桔梗やすすき

木槿(むくげ)

基本情報

世界遺産に登録されています。蘇我馬子が飛鳥に建立した法興寺(飛鳥寺)を、平城京内に移転したのが元興寺。奈良時代には今の10倍以上もある大きな寺で、全国から集まった僧が元興寺で学んでいた。

奈良時代の木造五重小塔(国宝)、木造阿弥陀如来坐像・智光曼陀羅図・庶民信仰資料(全て重要文化財)など保存されています。

また日本最古といわれる飛鳥時代の瓦が現存していて、実際に今でも屋根に葺かれています。他にも、万葉歌碑・かえる石・曼荼羅堂など沢山の見どころがあります。

料金や時間など

料金 大人500円(秋季特別展期間中600円)
中学・高校300円
小学100円
割引 20名以上400円(秋季特別展期間中540円)
高齢者割引 ななまるカード持参で無料
時間 9:00~17:00(入館締切16:30)
住所 奈良市中院町11
マップコード 11 325 812*33
電話 0742-23-1377

イベントや行事など

花まつり(5月8日)
かえる石供養(7月7日)

多数の行事があります。詳細は元興寺の公式HPをご覧下さい。

>>元興寺の公式HP(各行事の特徴と説明)
https://gangoji-tera.or.jp/event/feature.html

地図・アクセス

電車の場合

JR奈良駅から徒歩20分
近鉄奈良駅から徒歩15分

バスの場合

福智院町下車 徒歩5分
田中町下車 徒歩5分

車の場合

京奈和「木津IC」より車で15分
第二阪奈「宝来ランプ」より車で15分

駐車場

北門駐車場 大型バス2台(無料)
東門駐車場 乗用車10台 (無料)

拝観者のみが利用できます。ただし8月22日~25日午前中、2月2日~3日は利用できません。


まとめ

開花時期の目安は9月上旬からですが、年によっても、萩の品種や色(赤か白)かによっても違ってくるようです。

おおまかな見頃の目安は9月中旬~9月下旬になります。

彼岸花や桔梗など、他の花との共演も見れる、まさに花の寺としての楽しみ方がある元興寺ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です