奈良のコスモス寺は般若寺!見頃は年で変わるので開花情報は要確認

奈良県奈良市般若寺町。「きたまち」と呼ばれるその場所に、般若寺はあります。

般若寺はコスモス寺ともいわれ、春に咲く早咲のコスモスと、秋に咲くコスモスを見る事が出来ます。

この記事では、秋のコスモスの開花時期や見頃、混雑具合などについ解説いたします。

春のコスモスについては別記事で書きます。

開花情報

開花時期と見頃

見頃
10月上旬~10月下旬

雨など開花が遅れる事がなければ、9月上旬ごろから咲き始め、10月上旬ごろから見頃を迎え始めます。10月下旬ごろまでが見頃で、11月上旬ごろまでコスモスを見ることが出来ます。

9月下旬 3分咲き
10月上旬 5分咲き
10月中旬~10月下旬 満開
11月上旬 見頃は過ぎた
11月中旬 コスモスの時期は終わり

開花状況をリアルタイムで確認

般若寺の公式ツイッターやHP、ご住職のブログから開花状況を確認できます。ツイッターが一番リアルタイムです。

>>般若時の公式ツイッター

>>般若寺の公式HP

>>住職のブログ

彼岸花が終わる頃コスモスが咲き始める

彼岸花が満開の時は、まだコスモスが咲かず、彼岸花が終わってくればコスモスが咲き始める。と覚えておけばいいでしょう。

自然のものなので、完全に彼岸花が終わってからコスモスが咲くというわけではないので、共演も見れる可能性は十分にあります。

天候などの影響により年によって違いますが、彼岸花との共演は、9月中旬~9月下旬に見れそうです。

般若寺の早咲きのコスモスと四季の花

春は、一重山吹・八重山吹・シャガ・矢車草・桜・梅。夏は、初夏コスモス・紫陽花・未草・睡蓮。秋は、彼岸花・コスモス(15万本 30種類)。冬は、一重水仙・八重水仙・蝋梅。

この中でも特に名所として有名なのが、早先きコスモス・紫陽花(6月~)・コスモス(9月~)・水仙(12月~)です。

早咲きのコスモスと紫陽花については別記事で書きます。

水仙の記事は以下の関連記事をご覧ください。

般若寺の水仙は2万本!お正月に見頃?12月から2月までの開花情報

混雑具合

例年の状況では、コスモスの時期が来ると観光客で混んできますが、土日がメインで平日はそれほど混んでいないようです。

行くなら平日がおすすめです。

過去3年分の開花状況

般若寺はコスモスの開花状況を、ツイッターでつぶやいてくれています。これを見ていれば、今の花の状態が手に取るように分かります。

ここでは目安として、過去の開花状況を3年分みたいと思います。

そこで分かった事は、雨が多いと開花が遅れるって事です。

花に詳しい人からすると当たり前かもしれませんが、目安として雨が多かったり、台風が来た場合は、例年より開花が遅れるかもしれません。

2018年

2018年の開花から見頃、満開、そしてコスモスの終了時期までを表にしました。

9月21日
咲き始め
その後、9月30日の時点で台風により開花が遅れます。
10月6日
3分咲き
例年よりも遅いです。
10月8日
5分咲き
2日後には5分咲にまでなります
10月12日
見頃になってきた
見頃になってきたとなっているので9分咲きくらいでしょうか。
10月13日
見頃
見頃になってきた次の日に見頃です。
10月15日
満開
見頃から、2日後に満開とツイートされています。
10月31日
まだ見頃
台風の影響で開花が遅かったので11月上旬でもまだ見頃です。
11月15日
コスモスの時期終わり
11月中旬にコスモスの時期が終わりました。

見頃と満開の違い
「見頃=満開」だと思っていたのですが、満開のちょっと前でも見頃となるんですね。

9月21日(咲き始め)

9月30日(台風により開花が2週間ほど遅れる)

10月6日(3分咲き)

10月8日(5分咲き)

10月12日(6分咲きくらい)

10月13日(見頃)

10月15日(満開)

10月31日(台風で開花が遅かったので、まだ見頃)

11月1日(終わりに近づくが、まだ見頃)

11月3日(長持ちしている)

11月15日(コスモスの時期が終わる)

2017年

2017年の開花から見頃、満開、そしてコスモスの終了時期までを表にしました。

9月13日で3分咲きです。約2週間後の9月29日で3~5分咲きまで開花しました。そこから約1週間後に満開になり見頃を迎えました。

10月中は満開で見頃でしたが、11月になるとピークは過ぎます。ただし、いつもより長く咲いているようで、11月6日でも咲いています。

ツイッターの更新がこの時点でなくなりましたので、いつまで咲いていたのか不明ですが、中旬頃までは見れたのでしょうか。

2017年8月30日(開花までは、まだまだです)

9月13日(3分咲き)

9月29日(3~5分咲)

10月5日(見頃)

11月2日(ピークを越える)

11月4日(満開でないが咲いている)

11月6日(満開ではないが咲いている)

2016年

2016年の開花から見頃、満開、そしてコスモスの終了時期までを表にしました。

9月下旬
咲き初め
コスモスが咲き始めましたが、雨により開花が遅れています。
10月6日
3~4分咲き
例年なら7~8分咲にはなっているんじゃないでしょうか。
10月8日
4分咲き
10月6日に3~4分咲きだったのが2日後に4分咲になる。
10月10日
5分咲き
さらに2日後の10月10日には、5分咲になっています。開花が加速していますね。
10月15日
満開
5分咲きから5日後の10月15日に満開です。見頃をむかえました。半分しか咲いてなかった時から5日で満開ですからね。凄いです。
10月29日
まだまだ満開
開花が遅かったので、まだ満開ですが例年通りなら、そろそろ見頃は終わる時期ですね。
11月2日
ピーク越え
満開は過ぎましたが、まだ見頃です。
11月6日
8分咲き
コスモスは桜のように一気に散らず、少しずつ終わっていきます。11日くらいまでは見れるとの事。
11月14日
コスモスの時期は終わり
2016年のコスモスは11月中旬に時期が終わりました。

注意
SNSをみていて思ったのは、公式の般若寺が3~4分咲きと言っているのど同時期に、満開と思っちゃう人もいます。批判とかじゃなくて、満開の頃合って難しくて、毎日花を見ている人じゃないと分からないんですよね。
 
そこそこ綺麗なら満開って思っちゃいます。普通はそうなんです。これがSNSから見頃を見極めるのが難しいところです。
 
でも般若寺はコスモスのプロが、正しい開花状況を教えてくれるので有難いです。

9月25日(2~3分咲き)

9月29日(雨で開花が遅れてる)

10月6日(3~4分咲き)

10月8日(4分咲き)

10月10日(5分咲き)

10月14日(7~8分咲)

10月15日(満開)

10月29日(まだまだ満開)

11月2日(ピークは過ぎた)

11月6日(8分咲き)

2016年11月14日(コスモスの時期は終わった)

見どころは種類の豊富さ

般若寺のコスモスは種類が25種類あります。その中には、めずらしいコスモスもあって普通ではなかなか目にする事が出来ません。

この機会に色んな種類を見つけてみましょう。

コスモス紹介

シーシェル

ピコティ

八重のコスモス

イエローキャンパス

2019年は25種類

2019年のコスモスは以下になります。

  • イエローガーデン
  • イエローキャンパス
  • オータムビューティ
  • カサノバ混合
  • カップケーキブラッシュ
  • カップケーキホワイト
  • カップケーキ&ソーサ―ズ
  • キャンパス・オレンジ(春から秋まで咲く)
  • クランベリー
  • サイケ
  • シーシェル混合
  • スノーパフ
  • スーパービッキー
  • センセーション混合
  • ソナタプレミアム混合
  • ディアボロ
  • ハッピーリング
  • バイカラーバイオレット(カップケーキ)
  • バイカラーピンク
  • ピコティ
  • ベルサイユ・レッド
  • レッドイリュージョン
  • ローズボンボン
  • 日の丸
  • 美色混合(ダブルクリック)

般若寺のコスモスお守り

般若寺はコスモス寺といわれるだけあって、お守りもコスモスの形をしています。品種や色が違う数種類のアイテムがありますが、どれかは選べません。

ですがご安心ください。全部かわいいですよ!1体700円です。

▲赤

▲白とピンク

▲黄色

般若寺の基本情報

料金や時間など

料金 大人500円
中高生200円
小学生100円
割引 団体割引(30名以上)
大人400円
小中高生は割引なし
時間 9:00~17:00(最終受付16:30)
短縮拝観時間
(1月・2月・7月・8月・12月)
9:00~16:00
住所 奈良市般若寺町221
マップコード 11 415 529*06
電話 0742-22-6287

アクセス・駐車場・地図

電車の場合(徒歩・バス・タクシー)

徒歩

JR奈良駅から徒歩45分、近鉄奈良駅から徒歩30分ですので、バスかタクシー、自家用車で行くのがいいでしょう。

バス

JR奈良駅からバスで15分。近鉄奈良駅からバスで10分。

「青山住宅行・州見台八丁目行」に乗り、「般若寺」で下車して、徒歩3分。

タクシー

JR奈良駅からタクシーで12分(目安:1700円)
近鉄奈良駅からタクシーで10分(目安:1300円)

車の場合

名阪国道または西名阪「天理IC」より車で20分
第二阪奈「宝来ランプ」より車で15分
京奈和「木津IC」より車で10分

駐車場

無料駐車場あり。コスモス見頃時期は有料の場合あり。


歴史・お堂・仏像・イベント(行事)など

以下の4項目は、クリック・タップで見ることが出来ます。

般若寺の始まりは飛鳥時代。高句麗(満洲の南部から朝鮮と韓国北部にかけての地域に存在した国家) の慧灌法師によって開かれた。

今ではコスモス寺と呼ばれるが、その歴史は40年ほど前に前住職が境内に一輪のコスモスを見つけ「多くの人にコスモスを見ていただき、心を穏やかに持って欲しい」と思った事から。

それ以降コスモスの研究をして今では約15万本30種類のコスモスが植えられている。

本堂
楼門
一切経蔵
十三重石宝塔
笠塔婆
般若寺型石灯籠
西国三十三所観音石仏

本尊八字文殊菩薩像
不動明王坐像
弘法大師像
持国天
増長天
広目天
多聞天
興正菩薩 叡尊上人
賓頭盧尊者
唐櫃

コスモス花あかり

秘仏特別拝観
特別拝観は年2回、春と秋にあります。春季公開(4月29日~5月10日)秋季公開(9月20日~11月11日)料金は通常拝観料とは別途、大人200円、小・中・高生100円。時間は9:00~16:00(最終受付15:30)

まとめ

とにかくコスモスが沢山のお寺です。コスモス寺の名にふさわしく、色んな種類のコスモスが咲いています。

ツイッターで開花状況も教えてくれるので、それを見て行くと間違いがないでしょう。

土日は混雑するので、平日がおすすめです。

般若寺の水仙は2万本!お正月に見頃?12月から2月までの開花情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です