大阪ワンダークルーズの時間や予約!道頓堀から天満橋のルートをレビュー

道頓堀を船でクルーズする、大阪ワンダークルーズというものがあります。

ルートは3つあり、目的によって使い分けが必要なのですが、ちょっと分かりにくい部分があります。

この記事では、大阪ワンダークルーズの時間や予約の解説と、道頓堀から天満橋のルートのレビューをします。

ルートは3つ!時間や価格など違いは?

大阪ワンダークルーズには3つのートがあります。1つは道頓堀を周遊するルートで「道頓堀コース」といいます。こちらは、同じ所に戻ってきます。

あとの2つは、「大阪クルーズコース」といって、同じルートですが出発地点と到着地点が違います。元の場所には戻らない片道のルートとなります。

片道で1ルートなので注意してください。

パスを使うと、どのルートでも1回と換算される

大阪周遊パスなどパスを使うと、1RIDE(ライド)制といって、1つのチケットでどのルートでも使えるチケットが発行されますが、1チケットで1ルートに利用可能です。

なので道頓堀コースよりも、料金が高い大阪クルーズコースの方を乗る方がお得ですね。

また乗り放題ではありませんので、2ルート目からは料金が発生します。

パスを使わない価格は1人1,000円と1,800円

パスを使わず乗る場合は、道頓堀コースが大人1,000円。大阪クルーズコースが大人1,800円です。

予約方法

公式HPから予約できます。

>>大阪ワンダークルーズ公式HP

【ルート1】道頓堀を周遊するルート(クルーズ時間:20分)

引用:https://wondercruise.osaka/#owctop

道頓堀に掛かっている橋の下をクルーズします。グリコの看板周辺を回るので、短時間で道頓堀を観光したい方に向いています。

クルーズ時間

20分

出発&到着時間

18:10~18:30
18:40~19:00
19:10~19:30
19:40~20:00
20:10~20:30
20:40~21:00
21:10~21:30

※年中無休

運行状況が変わる可能性がありますので、公式HPでご確認ください。

>>大阪ワンダークルーズ公式HP

乗り場&降り場

どちらも、道頓堀・日本橋 船着場

【ルート2】道頓堀から天満橋のルート(クルーズ時間:30~40分)

引用:https://wondercruise.osaka/#owctop

道頓堀の日本橋から、中ノ島がある大川に出ます。その後、京阪 天満橋駅の前にある、八軒家浜 船着場までクルーズします。

道頓堀から大阪城に船で行きたい方に向いています。船着場は天満橋駅の前なので、大阪城までは20分ほど歩かなければいけませんが、船で移動するのが新鮮です。

クルーズ時間

30~40分

出発&到着時間

10:25~11:00
12:00~12:40
14:25~15:00
16:00~16:40
17:30~18:10

※年中無休

運行状況が変わる可能性がありますので、公式HPでご確認ください。

>>大阪ワンダークルーズ公式HP

乗り場&降り場

乗り場:道頓堀・日本橋 船着場

降り場:八軒家浜 船着場

【ルート3】天満橋から道頓堀のルート(クルーズ時間:30~40分)

引用:https://wondercruise.osaka/#owctop

京阪 天満橋駅の前にある、八軒家浜 船着場から、中ノ島がある大川を進み、道頓堀の日本橋までクルーズします。

大阪城の観光を終えて、道頓堀の観光に行く場合に、電車で行くよりも船で観光しながら行きたい方に向いています。

道頓堀と高速道路のコラボが見れ歴史を感じられます。また水門も見れるのですが、好みは人によるでしょう。

クルーズ時間

30~40分

出発&到着時間

11:10~11:50
12:40~13:20
15:10~15:50
16:40~17:20

※年中無休

運行状況が変わる可能性がありますので、公式HPでご確認ください。

>>大阪ワンダークルーズ公式HP

乗り場&降り場

乗り場:八軒家浜 船着場

降り場:道頓堀・日本橋 船着場

チケットの購入や乗り場など

チケットの購入について

道頓堀・日本橋 船着場

▲バー

▲バーと川の間

▲予約?のチケット

道頓堀・日本橋 船着場では、船着場の前のバーで購入するか、船が停泊している場合はの乗組員が2人いるので声をかければ直接購入できます。

今回僕は、大阪周遊パスを利用したので、無料で乗船できました。

>>大阪周遊パス

八軒家浜 船着場

八軒家浜 船着場では、船の乗組員2人のどちらかに声をかけ直接購入してください。

乗り場&降り場の、場所とアクセス

場所マップ

乗り場と降り場の場所は以下の2ヶ所です。

アクセス

電車マップ

▲クリック・タップで拡大できます。

道頓堀・日本橋 船着場

最寄り駅:大阪メトロ(堺筋線・千日前線)日本橋駅、近鉄 日本橋駅

2番出口を出て左に曲がり、大きな道沿い(堺筋)に歩く。250mほど行くと前方に川が見える。橋の左手に降りるところがあるので降りる。

そのまま真っ直ぐ行くと道頓堀・日本橋 船着場がある。バーのような所が受付。

八軒家浜 船着場

最寄り駅:大阪メトロ(谷町線)天満橋駅、京阪 天満橋駅

11番、17番出口を出てすぐ。

雨天時の確認など

雨天時の運行状況などは、公式HPでご確認ください。

>>大阪ワンダークルーズ公式HP

電話:06-6147-7763

【レビュー】今回乗ったのは道頓堀から天満橋のルート

大阪ワンダークルーズには3つのルートがあります。

【ルート1】道頓堀を周遊するルート(クルーズ時間:20分)
【ルート2】道頓堀から天満橋のルート(クルーズ時間:30~40分)
【ルート3】天満橋から道頓堀のルート(クルーズ時間:30~40分)

このうち今回クルーズしたのは、ルート2の道頓堀から天満橋のルートです。

天満橋からは大阪城へ徒歩10~15分くらいで行けます。

座席はカラフル!屋根があるので小雨でもOK

▲カラフルな椅子が並びます

▲屋根

雨の日でも安心の屋根付です。晴れの日はビニールを取ってる感じです。

この日は、急に大雨になって警報まで出る始末。なので乗船しようと思っていた便が結構になりました。

でも通り雨のようで2時間くらいで雨がやんだので、次の便に乗船となった次第です。

高速道路の下の道頓堀をスイスイと進む

▲道頓堀と阪神高速1号環状線

約400年前の江戸時代に作られた道頓堀と、昭和に作られた高速道路のコラボです。

人々の息遣いが感じられて感慨深い気持ちになりました。大阪のイメージを一新できるクルージングになると思います。

▲いくつかの橋をくぐりぬけ

とんぼりリバークルーズと同じく、橋の下をくぐって行きます。

とんぼりリバークルーズは外国人が多い!でも英語はあまり出てこない

大阪市内最古の橋「本町橋」をくぐり抜ける

▲本町橋

現役の橋の中では、大阪市内で最古の橋です。

豊臣秀吉が大阪城の建設時に掛けたと考えられています。現在の橋は大正2年に架け替えられていますが、それ以降、壊れることなく当時の姿を残しています。

ルネサンス風の彫刻が施された石作りの橋脚と、鋼作りのアーチ型の橋桁が美しいです。

▲本町橋をくぐり抜ける

▲くぐり抜けて振り返り

日本橋側から来た場合、くぐる抜けた後に振り返った方が配管などなく、橋が綺麗に見えます。

パナマ運河のような水門が道頓堀にある

▲水門が見えてきました

▲水門の開閉が完了するまで船を固定して止まります

▲水門が閉まりはじめます

▲さらに水門は閉まっていきます

▲閉まりきると横から水が!

▲前進禁止の放水が行なわれます

放水が止まり水位の調整が完了すると、大川に向けて出発です。

土佐堀川と大川に合流

▲土佐堀川

▲振り返って土佐堀川見る

阪神高速1号環状線と中ノ島が見えます。

▲天神橋

土佐堀川を進むと天神橋があります。この橋を抜けると、土佐堀川と大川が合流です。

▲大川

大川を運行していると、右前方になにやら怪しい物体が。

▲ラグビーボール

大阪には全国的に有名な花園ラグビー場があります。それにちなんで大きなラグビーボールが飾られています。

京阪 天満駅の前が船着場

▲八軒家浜 船着場

船着場が見えてきました。

▲大阪城が見える

船着場を越えて進むと、右手に大阪城が見えるスポットがあります。

このスポットまでがクルージングのルートとなっています。

道頓堀から来るお客さんは驚いてくれるそうですが、大阪城からの帰りのお客さんは驚きもなく、「あぁ、さっき見たよ。」くらいの反応らしいです(笑)

ちなみに僕は凄く興奮しました(笑)

▲大阪城アップ

▲大阪城さらにアップ

▲八軒家浜 船着場

Uターンして船着場に到着。

ここから大阪城までは、徒歩で20分くらいです。厳密には大阪城の敷地までは10分くらい。天守閣まではさらに10分くらいといった感じです。

まとめ

道頓堀を周遊するショートコースは夜のみです。昼に乗りたいなら、別会社のとんぼりリバークルーズがいいかもしれません。料金も、とんぼりリバークルーズの方が安いです。

僕が思う、大阪ワンダークルーズの良い所は、道頓堀と天満橋を結ぶルートがある事です。

高速道路の下にある道頓堀をクルーズする機会なんてめったにないのですし、これまた珍しい水門も見れます。普通とは違った観光がしたい方におすすめのクルーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です